タグ別アーカイブ: シリコン

「シリコンって、髪にとって本当に悪いの???」

こんにちは。
studio VO  山下です。

皆さんご自宅で使われているシャンプー&トリートメントで何が気になりますか??

いくつかあると思いますが、その中でもシリコンが多く上がるのではないでしょうか?

<そもそもシリコンってなに?>

実はシリコンは化粧品のファンデーションやハンドクリーム、日焼け止めなど化学変化を起こさず人体への安全性が高いとして医療や食品の世界まで幅広く活用されています。
毛髪に対しては質感改善効果が高く、シャンプーやトリートメント、カラー剤などに使用されています。

<なぜシリコンは悪者扱いなの??>

特にシャンプーについてシリコンは化学物質とゆうことで、悪いイメージがあるようです。
・毛穴に詰まるから頭皮に良くない!
・カラーやパーマ剤の浸透の邪魔をしてしまう!
・キューティクルを剥がしてしまう!

しかし!!これらのウワサ、、、

科学的、医学的な根拠はありません。

<あくまで使い方なの?>

確かにシリコンが毛髪に悪影響を与える可能性はあります。
しかし、それは毛髪の表面にシリコンが過剰に付着した場合に限ります!!
特に、毛髪に使用する場合洗い流さないトリートメントは、髪の毛の湿っているときに薄くのばして使えば問題はありません!

乾いてる毛髪が広がっている状態から髪をおさえる為に過剰な量をつける人が多いと思います。
なので、付着しやすいのです。

<ダメージした髪にシリコンは必要なの??>

毛髪はカラーやパーマ、毎日のドライヤーでとても弱ってしまいます。
キューティクルは一度弱って剥がれてしまうと剥がれたままの状態になり、中身のタンパク質がどんどん流出してしまいます。
そこでシリコンを配合することでキューティクルの代わりになって毛髪を守ってくれるのです。
正しく使えば、実は弱った髪の秘密兵器はシリコンなのです。

シリコンばかり取り上げられていますが、髪にとって問題となっているのは(シリコン)ではなく
((コーティング剤))なんです。

コーティング剤には天然成分から合成のものまで星の数ほど種類があります。
その中の1つがシリコンなのです。

<ノンコーティング>と記載すると嘘になるので(必ずシリコンでなくてもコーティング剤が入っている)、<ノンシリコン>という言葉を使っているのです。

シリコンはコーティング剤の中でのまだまともなほうで、
強力なものになると、プラスティック(硬い)に近いコーティング剤もあるぐらいです。

繰り返しですが<使い方><使う量>さえ間違えなければきっと髪の毛をいい状態で保てますよ!!!
image