着物の“格と種類”について

着物は目的によって着るものが変わります。ちょっとめんどくさいかもしれませんが、ルールがあるのです。

今日は、着物の格と種類についてお話ししますね。

第一礼装…黒留袖、色留袖、振袖、黒喪服など。

準礼装…訪問着、色喪服、紋付色無地、紋付江戸小紋など。

外出着…付け下げ、小紋、紬など。

街着・普段着…小紋、紬など。

【黒留袖】  既婚女性が着る慶事用の第一礼装(フォーマル)。黒地の裾だけに絵羽模様(縫い目でとぎれない絵画風の模様)を施し、必ず日向五つ紋を染め抜いて着ます。

色留袖】  慶事用の女性の第一礼装で、地色が黒でない留袖をいいます。五つ紋付は黒留袖と同格、三つ紋や一つ紋付きで着ることもできます。

振袖】 未婚女性の第一礼装。袖が長いほど正装になります。紋付きが正式ですが、最近は紋を付けずに着ることが多くなりました。

黒喪服】 未婚・既婚女性を問わず喪の第一礼装。黒留袖同様必ず五つ紋を染め抜き、帯や小物も黒で統一して最高の弔意を表します。

訪問着】 未婚・既婚女性を問わず 準礼装(セミフォーマル)や晴れ着になる着物。絵羽模様の華やかな着物です。

色喪服】 未婚・既婚女性を問わず喪の準礼装。黒以外の地味な無地染めの着物に必ず紋を付けてきます。

色無地】 紋の数によって礼装・準礼装になる、黒以外の無地染めの絵柄のない着物。地味な地色なら色喪服としても着用できます。

江戸小紋】 一つ紋を付けて略礼装になる、一色型染めの細かな模様の着物。武士の裃(かみしも)に端を発し、多色染めの小紋より格式があります。

付け下げ】 着た時にすべての模様が上を向くように染められていますが、訪問着のように絵羽模様ではなく、訪問着と小紋の中間的存在。

小紋】 洒落着や街着になる着物。小さい模様とは限らず、訪問着や付け下げと違って、全体の模様を見ただけでは上下がわかりません。

】 洒落着、街着、普段着になる着物。絵羽模様の紬の場合は社交着になります。色糸で織られた織物です。

たくさん書きましたが、帯や小物のコーディネートでも格が変わってきます。わからない事がありましたら、お気軽にお尋ね下さい(^_^)

2着物4種