image卒業式の袴姿もすっかり定着し、年々華やかさを増しているようです。

女子学生の袴は明治から大正時代の女学生の制服が今に伝わるものです。

当時は、普段は矢絣の着物に海老茶色の袴、式典には色無地紋付の着物に紺色の袴が一般的でした。履物も日常では編み上げの靴を履きますが、正式な場は草履とされていました。

現代は、袴の色も様々、ぼかしや刺繍入りも人気です。着物も色無地以外に振袖、訪問着、付け下げ、小紋など、レンタルでは袴用の着物が揃ってます。

しかし、お家にあるお着物を着て、袴だけをレンタルしてみるのはいかがでしょう…絶対に他人とかぶる事もないし、個性的‼︎ご自分の振袖やお母様、お祖母様の訪問着、紋付等を是非お使い下さい。

もちろん、VOでもレンタル袴、着物をご用意してあります。貸衣裳店へのご紹介も致しますので、何なりとお申し付け下さい。